今後のトレンド?ランディングページに動画を取り入れる7つのメリット

2017年09月21日 デザイン

douga_eyecatch2

ランディンことのグページに動画を取り入れるメリットを紹介します。動画によるコンバージョンの向上はすでに効果検証されています。様々な所で効果を発揮しているのです。ランディングページに訪れたユーザーの効果的な動き期待することができます。

今後は動画大きく伸びていくので、入る余地があるのでしたら是非導入をお勧めします。動画を入れることで文章よりも多くの情報を伝えられるほか、注意を引きやすくなり最終的にコンバージョンの増加が見込めます。

これを見たらあなたの動画を導入したくなるかもしれません。是非参考にしてください。

「美味しそうな料理の写真1枚」と「料理の美味しさを語った文章」ではどちらが勝つか?

ある日、あなたのもとに2通の手紙が届きました。

送り主はそれぞれ別の飲食店です。片方の手紙にはおいしそうな料理の写真1枚はいっていました、もう片方には自分たちの料理がいかにおいしいかを語った文章がぎっしり詰まっています。

さて、あなたは手紙を見た後にどちらの手紙がより「おいしそう」「食べてみたい」思いますか?おそらく写真ではないでしょうか。

文章は写真には勝てず、写真は動画には勝てない

何を伝えたいかと言うと、文章よりも写真の方がより情報を多く伝えることが出来るということです。資格的に売ったるので読まずに商品をイメージさせたりすることができます。

動画になると、さらに音声が加わり絶えず映像が変化するのでより多くの情報を届けることが出来ます。映像でリアルな商品情報を伝えたり、ストーリーを聞かせて引き込ませることが出来たりします。結果として文章よりも圧倒的な情報を与えることが出来、人の感情などにも働きかけやすくなるのです。前置きはここまでにして、早速ランディングページに動画を導入するメリットを紹介しましょう

メリット①注意を引ける

動画を導入することの一つ目のメリットは読み手の注意を引くことが出来るという点です。

再生前のサムネイルが注意を引く画像であれば思わず再生したくなるかもしれません。

動画の企画内容にもよりますが、思わず「なんだこれは!?」と思うような動画の始まり方をした場合、見ている側は動画にくぎ付けになるでしょう。

動画の企画次第では最初の数秒で注意を引きやすくなり、ファーストビューでの直帰を低減することが出来きます。

メリット②滞在時間が増える

二つ目のメリットは、ランディングページに訪れた人の滞在時間が増えることです。つまり離脱率の低減に役立つということです。

動画を見ている時間は少なくともランディングページにとどまっているので、動画を長く見てもらえるほど、ランディングページ内の動画以外の情報にも目をむけてくれるようになります。

メリット③コンバージョンが増加する

滞在時間が長くなり多くの情報を読み手に与えることで、自分たちの商品・サービスを正しく理解してもらえるようになります。文章よりもハードルが低く、訴求もしっかりすることが出来るので、商品を買いたいと思う人が増える傾向にあります。

ちなみにランディングページに動画を取り入れることで、コンバージョン率が1.68倍に増加するという検証がすでになされています。詳細は以下の記事をご覧ください。

 movieTIMES ムービータイムス 
購入意向を1.68倍も高める「商品・サービス紹介動画」――コンバージョン率を高める...
http://www.movie-times.tv/feature/8129/

メリット④文字のみよりも多くの情報を届けられる

動画を使えば、文字のみよりも多くの情報を伝えることが出来ます。例えば一つの文章で商品の特徴を理解してもらおうとするよりも、実際に使っている所を動画に取れば一発で商品のイメージを持ってもらうことができます。

そのほかにも、文字だけのお客様の声を載せるところをインタビューを動画にすることで、リアリティのある情報を伝えることができますね。視覚と聴覚で情報を送ることがが出来るので多くのことをより正確に伝えることが出来ます。

メリット⑤伝わりやすい

④と関連づいていますが、動画を用いることで文章と写真を駆使しても伝わりにくい商品・サービスを分かりやすく伝えることができるでしょう。

特にBtoBなどのサービスは、文章を読むだけではなかなかイメージを持ちにくいことも多いです。そういった商品を動画でデモンストレーションなどを交えて紹介すれば、イメージを持ってもらいやすくなります。商品の理解をしてもらいやすくなり、最終的にコンバージョンへ繋がることになります。

メリット⑥ストーリーを効かせやすい

動画を用いるメリットは一貫したストーリーを作りやすいという点です。動画にストーリーを聞かせることで、見る側を引き付けやすくなります。商品の売り込みだと感じさせずに見てもらうことも可能でしょう。

メリット⑦モバイル端末ユーザーにも見てもらいやすい

最近の動画の普及にはすさまじいものがありますが、その動画を見る割合はスマホなどのモバイル端末からのアクセスが圧倒的です。動画をランディングページに取り入れると、普段から動画に慣れているスマホユーザーの目にも止まりやすくなります。

 

「文章だけのランディングページは読む気にならない」ととりつく島もない人たちへのアプローチが可能になります。

ランディングページに動画を入れる際の注意点

ここまで動画のメリットを述べましたが、動画ならなんでも入れて良い!というわけではありません。ランディングページの基本を崩さないようにすることが大事です。

動画を取り入れるなら、位置は間違いなくファーストビューが良いでしょう。下の方に動画を設置しても見てもらえずに離脱されてしまいます。

また、動画の長さにも注意です。5分以上の動画では30%が離脱してしまうとのデータがあります。最終的に見てもらえる人は1/3まで落ち込んでしまうそうです。伝わりやすい、注意を引けるという点を信じて長い動画にするだけでは効果が出ないことも考えられます。このことについては、以下のURL記事に書かれています。

通所のランディングページ同様、読み手の視点に立った動画の企画や動画作成が求められます。

ターゲットによって好む動画の形態を意識する必要があるでしょう。きちんと動画へ誘導するためのコピーも欠かせません。ランディングページに入れる動画はできるだけ短めにポイントを絞り、画質にもこだわりたいですね。

まとめ

今回はランディングページに動画を取り入れるメリットを紹介しました。

文章や写真のみの場合と比べても多くの情報を伝えやすく、コンバージョンが向上したという検証結果も出ています。動画ランディングページは今後のトレンドになるでしょう。

一方で、動画であれば何でも良いというわけではなく、従来と同じようにしっかりとターゲットの視点に立ってランディングページを作る必要があります。

 

ランディングページ完成までの流れ

landingpage-order
ランディングページは基本的に1つの商品やサービスに対して必要な情報を1ページに集約し、最終的に行動してもらう事を目的としています。そのためファーストビューでは一目で分かり易くユーザーの興味を引くように心がけています。他にも欲しい情報を簡単に入手出来るように行動心理を考慮したうえでデザイン性の高いページを制作致します。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP